アポイントは取れていたのに・・

31-08-2019 by admin

管理者の方の悩みの一つに、アポイントは取れていたのに、その後の営業情報がわからない、顧客の情報はどこに行ったのか・・こんなことがあるそうです。放置状態になっていたら、もったいないですし、もしかしたら商談化できていた案件だったかもしれません。営業マンを代えてみたり、方針を変更することで、商談の方向性も変え、顧客に最適な案件と化させることも可能だったり。

こんな状況を一変するにはCRMが最適です。顧客情報の管理をしながら案件管理もできる営業支援ツール。顧客を軸に情報を集約するので、アポイントが取れていた顧客に今どの営業マンが担当していて、どのようなステップまで来ているのか、すぐに調べることが可能です。SFAも連携させていれば、営業プロセスをリアルタイムで確認できるため、営業後すぐに営業マンに漏れているところ、方針転換の連絡も行うことができます。

これまで、営業全般の統括が大変だった管理者にとって、こういった営業支援ツールは業務の効率化だけではなく、スピーディーな情報管理、営業管理ができるため、精神的にも大きな支援となるでしょう。


堪に頼ってばかりでは

30-08-2019 by admin

ある専門家は、営業は勘にばかり頼っていても限界がある。長年の経験、そして勘も勿論営業マンには重要だけど、これからのデジタル社会では販売チャネルが広がり顧客のニーズは益々多様化するため、営業マンこそデジタルツールを活用した先進的な営業をするべきだと言っていました。

確かにそうかもしれません。スマホで物を買う人が増えてきました。私の周りも、そして私も、何か欲しいものがあればまずはネットで調べます。リアル店舗に行く時間が無い時には本当に便利ですし、自分で運ぶ必要もありません。そんな状況ですから、リアル店舗よりもネットでの購入が一般化し、今後リアル店舗での購入機会は減っていくでしょう。

顧客の顔が見えない営業の機会も増えるはずです。そんな時、CRMにそれまでの顧客情報とともに、顧客の思考、ニーズの傾向などが分かれば、勘に頼らず情報に基づいた確度の高い営業を実現することが可能になります。そこに、営業マンとしての経験やノウハウ、そして勘をプラスすれば、更なる利益を生むこともできるかもしれません。


自社製品を選んでもらうには

25-08-2019 by admin

多くの似たような製品がある中で、自社の製品を選んでもらうにはどうしたら良いのか・・。ほとんどの企業がこういったことを考え、悩んでいるのではないでしょうか。

悩み抜いた挙句、結局どこに手を着けたら良いのかわからない、そんな声も聞こえてきます。CRMを活用すれば、顧客の真のニーズを掴み取ることができ、自社製品を選んでもらう確率を高めることができるんです。

CRMには属性情報のほかにも購入情報、サイト内での足跡、検索の際に使った検索ワードなど、あらゆる情報が一括管理されます。もし、自社のサイト内で全く別の分野の製品を時間をかけて見ていた場合、その製品のお得な情報などもメールで送ることで、顧客はいつもの製品とともにその製品も追加で購入してくれる可能性もあるわけです。ほんの些細な情報ではありますが、それが後々大きな需要になることだって考えられます。こんな些細な情報を見つけ出すことが、CRMならできるんですね。自社製品を選んでもらうためのツールとして、注目が高まっているのもうなずけますね。


自動でデータの集計が出来る

09-08-2019 by admin

出来る限り残業を少なくし、業務の効率化を行いたいと思ったら、SFAの導入をおすすめします。SFAがどのように業務を効率化させるかと言うと・・。毎日、営業マンに営業情報を入力してもらいます。その際には、数字についても実績、売上予測などもきちんと入力してもらうことが重要です。入力が正確に行われれば、わざわざ会社に戻って営業日報に記入したり、上司の帰りを待って報告したりする必要が無くなります。

そして、営業後に会社に戻る義務が無くなるということは、営業マンにとって大きな負担軽減になるでしょう。もしSFAというツールの導入に難色を示していた営業マンが居たとしても、営業日報の廃止、報告時間の削減、そしてデータの自動集計、編集まで出来ると分かれば、導入にも賛成してくれるはずです。自分の業務が楽になるわけですから、当然ですよね。

さらに、CRMと名刺管理ツールを連携させれば、顧客情報の登録作業まで必要が無くなりますから、残業代なども減らすことが可能になります。