手始めに初期費用無料のツールはいかが?

28-06-2017 by admin

営業支援ツールを使った経験が無い会社で、いきなりSFAを導入するのはちょっとハードルが高いかもしれませんね。そこでおすすめしたいのが初期費用無料のSFAです。

初期費用が無料であれば、導入に失敗してもそれほどコスト的には無駄遣いにはなりませんよね。それに、「やっぱりうちの会社には必要無かった」と感じても、惜しくはないでしょう^^また、このようなサービスをしている会社の情報を複数集めてそれぞれ体験することで、どこの会社のツールが自社に合っているのか、使い勝手が良いのかも知ることができますからね。

ただ一点注意したいのが、初期費用が安いクラウドを利用したSFAは、もし解約してもその情報だけが残ってしまいわないか、不安があります。セキュリティしっかりとしているサービス会社は安心できますが、そうでない会社のツールを手軽に試したいという場合には、デモとしての情報を作っておいてこれらを利用しての体験をおすすめします。

フォローメールとステップメール

27-06-2017 by admin

CRMの記事やコラムを読んでいると、フォローメールやステップメールという聞き慣れないメールの種類が出てきます。これらが何なのか・・

フォローメールとは、例えば自社でイベントやセミナーを開くと来場者に氏名や住所などを教えてもらいますよね。これが企業にとっては大きな資産となるため、できるだけ多くの情報を手に入れようと頑張るのですが、あまりに多く入手することで、イベント終了後に来場者へのお礼のメールを出すのが遅くなることも。そこでCRMの活用です。客の情報をCRMに登録しておくだけでお礼のメール、すなわちフォローメールが自動で配信されるんですね。

そしてステップメールですが、こちらはフォローメールの後に送る販売促進のメールとでも言いますか。。それも、単にこんな商品いかがですか?といった提案だけではなくて、その商品やサービスに基づいた色々な方向からの情報、ストーリーを客に提供することで、より理解度を高めてもらうという狙いもあるんです。

メールと一口に言っても、奥が深いんですね~^^

結果がでる前に改善を

07-06-2017 by admin

営業マンが毎日書きこむ営業日報。それを管理者は毎日確認していくわけですが、営業マンの性格や個性によってその内容や書き方はバラバラなんですよね。また、管理者が理想とする報告の仕方、内容と営業マンが実際に記入する仕方、内容に隔たりがあるため、精度の高い報告になっていない、ということも多々あるそうです。そのため、「あの時点で的確な改善支持を出せていれば、あの大口受注は我が社のものになったのに!」と悔しい思いも。。

そこで重宝されるのがSFAなんだそうです。SFAはクラウドを利用して営業マンが日報を入力するので、管理者はリアルタイムでその報告を確認することができます。しかも、書式、項目などがすでに準備されているので、管理者としては必要な情報を正確に受け取ることができ、営業マンも入力の負担が減るように作られているそうなんです。これは両者にメリットがあって良いですね。

そして最も重要なのが、リアルタイムで確認できるということは、その場で方針の転換、修正、改善も出来るということになるので、失注が減るということなんですね。