項目が多すぎて嫌になる!

18-10-2016 by admin

SFAを取り入れた会社に聞くと、まれに「あれは失敗だった・・」という営業マンがいるそうです。色んな理由がありますが、営業マンが入力する項目が多すぎて面倒!長続きしなかったということもあったとか。

営業日報など、営業マンにとってはその日一日の自分の営業成果であり日誌なのですが、訪問した会社ごとにいちいち文章を入力するのにはかなりの効率の悪さがありました。これを簡単にできるようにしたのがSFAの営業日報なのですが、これが返って営業マンの気持ちを削いでしまったんですね~。それが項目の多さだった。。それだけ営業マンが営業日報に記入するべきポイントが多いのでしょうが、効率的なツールのはずがかえって営業マンの営業効率を悪くしてしまっては意味がありませんからね。

このような失敗を起こさないようにするには・・、やはり導入を検討する際に現場の営業マンも選考人員の中にいれてから、使い勝手の良さも一緒に選んでいくことが重要なんでしょうね。

顧客情報分析を手に入れて!

15-10-2016 by admin

CRMの導入によって、顧客情報分析が可能になりますよね。ただ、顧客情報を集め、入力、蓄積まではできても、それらを分析するところまで行っていない、という会社が多いんだそうです。せっかくお金をかけて導入したシステム。ここが一番の導入理由なのに、その前できっと社員さんたちは疲れてしまったのでしょうかね^^

と言うのも、CRMを活かすには多くのデータが必要になります。ほんの少しの顧客情報では分析ができないわけで。。そうなると社員さんたちが必至で顧客情報の入力を行うんですね。しかしそれに時間や手間がかかり過ぎて、データを入力してしまうとそこで完結したような気分に陥ってしまうと。なんかわかる気がしますね^^

多くのCRMではデータを見やすくわかりやすく分析できるそうで、次なる営業への好材料になるハズなんです。

CRMシステムの導入を成功!と言えるためにも、データ入力だけでホッとしないで、情報分析結果を手に入れる喜びを是非味わってくださいね^^