『Sansan』を導入した株式会社フューチャーリンク

23-05-2016 by admin

交換した名刺情報をパソコンなどに入力する時間って本当にもったいないと思います。そんな時間があれば一件でも多く商談に時間を割きたい…そういったニーズの高まりにより、名刺管理サービスを導入する企業が増えているそう。ITに特化したヘッドハンティング会社である株式会社フューチャーリンクも、そんな企業の一つ。同社は、TVCM放映中のクラウド型名刺管理サービス『Sansan』を導入しました。これは名刺をスキャンするだけで名刺情報をデータベース化できるというもの。しかも精度の高さには定評があるサービスなんですよ。同社では名刺の入力だけで毎日1時間以上はかかっていたそうですが、それが10分に短縮されたそう。しかも入力だけでなく、該当者をリサーチして探し出し、アプローチメールまで出せるようになったのです。入力作業が削減されたことで、全く違う業務ができますよね。営業マンは、外出先で時間があるとすぐSansanにアクセスするようになり、マッチング案件を検索して、アプローチできるようになりました。名刺管理だけでなく、営業支援ツールとしても役立っているということですね。名刺管理サービスは、ただ単に名刺管理を効率化できるだけではないのだと思います。

Leave a Reply